2017年11月22日

きっかけはどこにあるかわからない。


こんばんわ。
しばらくブログを書いていない間にいろんなことがたくさんありました。
久々に再会した人も、初めてお目にかかれた人もいたりして。
今回の帰国は例年以上にとても刺激的な日々を過ごさせてもらってると思います。ありがたいことですね。


先月になりますが、1年ぶりとなる美容室に行ってきました。
友人の結婚式があって、みっともない容姿でいくのは失礼なのでサッパリしてきました。


といいましても、日本に帰ってきたら必ず顔を出しているお店でして。
葛飾区は新柴又駅の出口を出てすぐのとこにあるSolutionさんで今年も切ってきました。三年連続でお世話になりました。


僕のブログでも何回か紹介させてもらっているんですが、ここの社長である勝野太一朗さんの書くブログはとても興味深く、あらゆる視点で日常に起こっているリアルが綴られているので人生の教訓にもなります。それに加えて単純に面白い。
僕も良く拝見させてもらっているので、店員さんの名前なんかは把握しているつもりなんです。


で、担当スタイリストはHIROKIくんでした。


僕よりも3つ下のスタイリストさん。
Solutionに入ってから約2年だそうで、とても話しやすい人柄だったので色々とお話させてもらいながらカットしてもらいました。

僕が今どういう生活を送っているかなどのちょっとした情報は知っていたようで、そこから現地の話に始まりスポーツについての話など短い時間でしたが話させてもらいました。



そして、 もうこれも自分の中で恒例にしちゃっているんですけど


「なぜ美容師になろうと思ったのか。」


この質問ですね。



ヒロキくんが美容師になろうと思ったキッカケ。
そもそもなるつもりはなかった。高校三年にあった進路相談で、なりたいものが特になかった彼は咄嗟に「美容師になります」と答えたそうで。
言霊ってのは本当にあるもんで、それを機に本当に美容師に興味が沸いてきてそのまま知識を付けて、正真正銘の美容師になったそうです。


いや本当にキッカケってそういうものなんですよね。ちょっとしたことで人は変わるし、自分を取り巻いている状況も変わりますね。
僕は美容師さんを尊敬してるんですけど、あれだけ繊細な仕事をしながらお客さんと会話して仕事をこなしている。
相当な訓練を積まないとここまではたどり着けないよね。
っていう話をヒロキくんに話しました。


同じプロフェッショナルとしてこれからも活躍していかなくてはならないっていう僕の勝手な解釈にはなりますが、切磋琢磨していきたいと思いましたね。



そして近況報告も同時に。

来年、僕がプレーする舞台はメルボルンになります。
海外サッカー生活で初めての移籍になりますね。
移籍先はPreston Lionsというチームで州リーグ3部になります。
僕が今シーズンまで居たCampbelltown cityは1部だったのでカテゴリーは2つ落ちることになります。


約三年、アデレードで過ごしたサッカー生活も日常も素晴らしいものでした。出来ることならずっとここに居たいという気持ちもあります。
だけど、1人のサッカー選手としてやっぱりまだ自分が経験したことのない地に足をつけたい。走りたい。チャレンジしたい。
仮にカテゴリーが落ちようとも、もしレベルが落ちようとも、自分がいる地でしっかりと結果残すことが次に繋がる。
毎年毎年そうやってプレーしてきました。


Preston Lionsは既にチーム強化を図り来季昇格へ向けての補強や監督交代などチーム環境を新しくする動きがあります。
今回の僕の移籍もその補強の1つだそうで、監督自身が僕のプレー動画を見てくれて一発OKでした。その監督がどういった人間かもわからないし、補強された選手たちがどういった選手なのかも未知数。


ただ、どんな環境でも自分が結果さえ残してしまえばいい。
それだけです。
結果の残し方も人それぞれ。


キッカケはどこに転がっているかはわからないですよね。




see u next...



Aspiration Ticket



美濃村慶太
posted by Minnow at 20:54| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする